オウム真理教・亀戸道場

【現存せず】この物件は解体されていて現存しません。
江東区

オウム真理教が教団の拠点である「教団新東京総本部」を置いていたのが江東区亀戸七丁目。JR亀戸駅から徒歩15分程離れた、京葉道路近くにある陰気臭い住宅街の中だ。1993年夏、この新東京総本部ビルから2回にわたって肉の腐敗臭のような強烈な異臭が発生し住民が抗議したのだが、後に起きた地下鉄サリン事件以降の強制捜査の結果、この異臭騒ぎが「炭疽菌テロ未遂事件」であった事が判明した。教団施設は現在は当然のように無くなっているが、20年近く経ったにも関わらず近くにある個人宅の郵便ポストには「オウムはお断り!」と書かれたステッカーがボロボロに朽ち果てながら残っているのが見えた。

江東区 亀戸

タイトルとURLをコピーしました