中村遊郭

名古屋市

名古屋駅から真西に1.5キロ、大正12(1923)年に大須の旭廓から移転して開かれた中村遊郭。吉原、飛田と肩を並べる贅の限りを尽くした東海地方最大級の遊里は戦前までの間に繁盛を極め、戦災で多くの妓楼が焼失するも現在も威容を誇る遊郭建築が複数残され、一部は病院の院長の自宅や老人ホーム、さらには蕎麦屋などに転用されながらも当時の面影を残している。さらに戦後の一時期は「名楽園」という赤線として特殊飲食店街が形成されていて、昭和33(1958)年の売防法施行後も東京吉原と同じく特殊なお風呂屋さんが軒を連ねる大人の街としての色彩を残しているのだが、ちょうどかつての遊郭地の中心にあるのがピアゴ中村店という大型スーパーなもので、周辺の住民がチャリンコに乗って買い物にやってくる庶民的な下町風景が拝める面白い状況になっている。また、現在も旧遊郭地の街路がはっきり残っているのも特徴的だ。

名古屋市 中村

名古屋市 中村

名古屋市 中村

タイトルとURLをコピーしました