京橋・グランシャトー

大阪市都島区

JR・京阪京橋駅前から見える特徴的でチープな印象のある西洋の城をイメージした黄色いビル、「京橋グランシャトービル」。昭和46(1971)年に台湾人実業家の林宗恩氏が創業して以来、京橋の地で総合レジャービルとして確固たる地位を築いている訳だが、どこか場末感が否めない所が良い。パチンコ、ゲームセンターに麻雀、カラオケ、サウナ、中華料理屋が1つのビルにごっそり入居していて端からオヤジビルっぷりが容赦無い。ベテランママ揃いの「ナイトクラブ香蘭」も個性的で素敵。

店自体も存在感が凄いがそれ以上に関西人の脳内に深く食い込んでいるのがグランシャトーのテレビCMソング。「京橋はええとこだっせ」のフレーズの後にマイクを持たせたら大抵の関西人は「グランシャトーがおまっせ」と自然に返す事が出来る。それほど関西人に馴染み深い存在なのだ。

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
タイトルとURLをコピーしました